ショッピング枠現金化突撃レポート

ショッピング枠現金化突撃レポートとは?

ショッピング枠の現金化

ショッピング枠現金化と言えばあまり馴染みの無い方も多いと思います。

ショッピング枠現金化とはクレジットカードのショッピング枠を換金する事です。

クレジットカードにはキャッシング枠とショッピング枠がありますが、既にキャッシング枠を使い果たした方は、ショッピ

ング枠を換金する事で、キャッシングの何倍ものお金をすぐに用立てる事が出来ます。

ショッピング枠の現金化は本人名義のクレジットカードがあれば、審査なし・収入証明なし・在籍確認など一切必要なくお

金が調達出来ますが、「テレビで詐欺業者逮捕!」などと報道されると本当に大丈夫なの?と不安に思う方もいると思いま

す。

ショッピング枠現金化の詐欺被害は2011年をピークに年々減少傾向にありますが、事件化しているものは氷山の一角に過

ぎず、相当数の詐欺被害があるものと思われます。

詐欺被害の体験談はショッピング枠現金化を利用する方にとって、参考資料として最適のものの一つでしょう。

「ショッピング枠現金化突撃レポート」ではショッピング枠現金化の体験談を掲載しているサイトです。

詐欺被害に合われた方に、実際にインタビューして書き下ろした真実の体験談です。

それでは突撃取材した体験談をお楽しみ下さい。

 

 

【事例1】 河合さん(仮名)  35歳  男性 派遣

編集部:「実録!ショッピング枠現金化レポート」の第1弾は河合さんの登場です。
河合さんは最近初めてショッピング枠現金化を体験したそうです。
それでは河合さんよろしくお願いします。

河合さん:こちらこそよろしくお願いします。

編集部:まずはショッピング枠現金化を知ったきっかけについてお話しして貰えますか?

河合さん:私がショッピング枠現金化を知ったきっかけは、通勤時間に何気なくスマホでブラウジングしていると、ある金融広告に目が留まった時でした。
普段は金融広告を見ることはほとんど無いのですが、たまたま月末にお金が足りなくて融資先を探していた矢先だったのですぐに発見出来ました。

編集部:現金化の申込は何時ごろ行いましたか?

河合さん:キャッシング枠も無かったし支払期限も迫っていたので、会社に着いた8時半くらい申込フォームから手続きをしました。

編集部:ショッピング枠現金化業者の対応はどうでしたか?

河合さん:電話の声は若い男性風で話し方もとても丁寧で好感が持てました。

クレジットカード現金化の手順について詳しく解説してくれたので、スムーズに取引する事が出来ました。
男性スタッフの指示通り、身分証の写メをメールで送信しましたが、約20分ほどで口座に振り込んでくれました。

編集部:実際の受取金額はどのくらいですか?

河合さん:サイトには98%と表記されていましたが、実際の還元率は80%くらいだったと思います。
私は120,000円を現金化して96,000円の受取になりました。
二度目からはもう少し還元率を上げてくれるみたいです。

編集部:テレビのニュースで詐欺事件が報道されていたのは知っていますか?

河合さん:以前、ニュースでショッピング枠現金化業者が逮捕されたのを、報道していたのは知っています。
ただその時は闇金か何かと思っていたので、そんなに気にならなかったです。

編集部:また現金化を利用したいですか?

河合さん:本当にピンチだったので今すぐ現金調達出来た事には感謝していますが、もう二度と利用したく無いししないと思います。
やはりリボ支払いの金利15%に還元率で引かれる分を合算すると、相当な暴利になってしまうので利用する時は何度も現金化業者に問い合わせて、本当の還元率を確認した方が良いですね。

 

▼ショッピング枠現金化優良ランキングサイトはコチラ▼

ショッピング枠の現金化


【事例2】 Sさん匿名希望 28歳 男性 会社員

編集部:こんにちは。本日は現金化のヘビーユーザーであるSさんにお話しを伺う機会を取っていただきました。
それではSさんよろしくお願いします。

Sさん:よろしくお願いします。

--Sさん椅子をゆっくり引出しおもむろに腰かけた。

編集部:そもそもSさんがショッピング枠現金化を利用するに至った経緯についてお話し願えますか?

--スタッフがボイスレコーダーにスイッチを入れてSさんの前に置いた。

Sさん:私が住んでいる東京都M市はおしゃれで若者にも人気があり、ショッピング枠現金化の店舗も営業しています。
      街で普通に営業しているので利用するのに抵抗感はありませんでした。
      友人の結婚式があってどうしてもお金が必要なのでクレジット現金化しようと思いました。
      私が利用したのはキャッシュバック型では無く、商品買取型の業者で平日の仕事帰りに行きました。

編集部:ショッピング枠現金化の手順について説明して貰えますか。

Sさん:私が利用した現金化店舗は、駅から5分くらいの雑居ビルにあるのですが、店内はガラーンとした感じでデスクが数台に間仕切りがありました。

店員が奥から現れて「いらっしゃいませ」と言って応接部屋に案内してくれました。
その後、店員からショッピング枠現金化について説明がありました。
クレジットカードと免許証の提示を求められました。
免許証はコピーせず免許証番号を記録していました。
そして店員から地図を渡され「この旅行代理店に行って新幹線チケットをクレジットカードで購入して来て下さい」と言われました。

編集部:商品は金額によって違いますか?

--Sさんはお茶をおいしそうに飲みほしました。

Sさん:買取商品はカードや金額によって違うみたいです。
     新幹線の回数券の枚数によって金額を調整しています。

編集部:お金の受取はどのようになりましたか?

Sさん:新幹線の回数券をスタッフに渡すと、電卓で計算してお金を渡してくれました。
換金率は75〜80%くらいだったと思います。

編集部:今後、ショッピング枠現金化を利用する予定はありますか?

Sさん:まったくありません。新幹線の回数券の現金化なら現金化業者を通さず、自分で金券ショップに持ち込めばより高還元の現金化が実現出来そうだと思いました。
      
【事例3】 Aさん匿名希望 42歳 女性 主婦

編集部:本日は主婦代表と言う事でAさんに登場していただきます。
Aさんは金券ショップの店員の経験もあり、ショッピング枠現金化は3回目だそうです・
それではAさんよろしくお願いします。

Aさん:お手柔らかにお願いします(笑)

編集部:Aさんはショッピング枠現金化は3回目と言う事ですが、最初に現金化した時の事をお話して貰えますか。

Aさん:当時、パチンコに嵌っていた私は子供を母親に預けて、パチンコをやっていました。そこで負けが込んで来ると、知り合いの闇金を紹介して貰いました。

編集部:酷い母親だな〜クズですね(笑)
 
Aさん:自分でもクズだと思います(笑)

編集部:闇金から借金して怖くなかったの?

Aさん:闇金と言っても暴力団とかでは無く、友達のソフト闇金なので全然大丈夫なんです。

編集部:クレジットカード現金化を利用したのは何時ごろからですか?

Aさん:パチンコで借金しても大勝して黒字になる事が多いのですが、一回ドツボに嵌ってしまった事があって、大敗してしまったんです。
いつものように闇金で借りようとしたら断られてしまいましたが、代わりにショッピング枠現金化業者を紹介してくれました。

編集部:ショッピング枠現金化と聞いてどう思いましたか?

--Aさんは煙草を取り出しおいしそうに吸い始めました。

Aさん:実は学生時代に金券ショップで働いた経験があったので、ショッピング枠現金化に対してそんなに抵抗感はありませんでした。

編集部:クレジットカードは誰の物を利用しましたか?

Aさん:結婚する前に作った自分名義のカードがあったのでそれを現金化しました。

編集部:旦那さんにはばれなかったのですか?

Aさん:ある比較サイトに掲載していた通り商品の発送を局留めにし、明細書をメールに設定したら全然ばれませんでした。

編集部:お金は全部支払ったんですか?

Aさん:リボ払いだったのですが先月にすべて完済しました。
全部支払うまで2〜3年かかりました。

編集部:どうやって支払ったのですか?

Aさん:パチンコとアルバイトです。

編集部:アルバイトですか?

Aさん:チャットルームのアルバイトです。
風俗じゃありませんよ(笑)

編集部:最後にもう一度利用したいと思いますか?

Aさん:正直もううんざりです。
金利が高くて全然割に合わないんです。
それでも主婦が借金しようと思ったら、現実問題としてキャッシングやカードローンは難しいです。

最後の頼みの綱として残しておきたいサービスですね。

【事例4】 澤田さん(仮名) 33歳 男性 無職


編集部:澤田さんは元引き籠りだそうですが、パッと見は本当に普通の人(失礼)です。
そんな澤田さんがなぜショッピング枠現金化を利用するようになったのか大変興味深いところです。
それでは澤田さんよろしくお願いします。

澤田さん:こちらこそよろしくお願い致します。

--澤田さんは軽く会釈をして椅子に座った。

編集部:ショッピング枠現金化をなぜ利用したのですか?

澤田さん:28歳の時に職場の人間関係のトラブルで会社を退職しました。
その後はすっかり人間不信になって家に引き籠るようになりました。
無職なのでお金の減り方が半端じゃなかったですね。
貯金は僅か3年で底を打ち、母親から小遣いをせびりTVゲームをして遊んでいました。
それが親父にばれて親父がカンカンに怒って家を追い出されてしまったんです。
追い出される前に親父が50万円くらいくれたのですがすぐに底を打ち、クレジットカード現金化をするようになりました。

編集部:現在は収入はあるんですか?

澤田さん:収入は短期のアルバイトくらいでほとんどありません。

母親から内緒で仕送りして貰っています。

編集部:ショッピング枠現金化に対する抵抗は無かったのですか?

澤田さん:カードローンは無職のためすべて審査に落ちました。
現在、お金を調達する方法と言えば、ショッピング枠現金化しか無く、選んでいる立場でも無いので・・・

編集部:還元率はどのくらいでした?

澤田さん:還元率は95%以上を謳っていて77%ですよ!
ひどく無いですか?

編集部:それはひどいですね。
文句は言わなかったのですか。

澤田さん:現金化業者の店員が、口がうまくて言いくるめられてしまったのです。
後で後悔しました。

編集部:振込時間はどうでしたか?

澤田さん:振込時間は無茶苦茶早かったです。
5分かからないと言った感じです。

編集部:クレジットカード番号を言ったり、カードを写メで送ったりと言う事はありましたか?

澤田さん:カード番号に関しては一切公表しなかったです。

但し、本人確認のために免許証の両面を写メで撮って送りました。

編集部:商品はどういうものでしたか?

澤田さん:商品は利用金額によって変わって来ます。
一般的に10万円の利用が多いみたいですが、私の場合はアクセサリーでした。

編集部:リボや分割払いにする場合は、現金化業者に言えば良いのですか?

澤田さん:リボや分割払いにする時は、現金化業者に依頼せずカード会社に依頼します。
後リボや後分割のサービスはほとんどのカード会社が導入していますが、もしこのサービスに対応していないカードの場合は、リボや分割払いにするのは難しいかもしれません。

編集部:これからどのように生きていくつもりですか?

澤田さん:取り敢えず安定した職に就きたいです。
工場のオペレーターで経験を積んで、エンジニアになれれば言う事無いですね。
後はコツコツとリボ払いの残債を返済して生活を立て直し、結婚してマイホームを持つのが夢です。

編集部:ありがとうございました。